読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガンテのメタル三昧

私メガンテがメタルについて語ります。新譜紹介やライブレポートの他、blackmetalとdjentを中心にオススメ盤の紹介なども行います

【ウェブサイト紹介】25 jazz fusion licks lesson

ジャズ・フュージョン ギター教則本

すごいギター教則サイトを発見したのでここで紹介させて頂きたいと思います。

その名も

『25 jazz fusion licks lesson』

stephane licarelliなるフュージョン系のギタリストが、フュージョンテイストのオケを
バックに、様々なギタリストのプレイスタイルをシミュレートしてアドリブ例を
紹介する、という趣旨のサイトです。

youtubeなどの動画コンテンツで、この手の動画はよくありそうですが、
このサイトのすごいところは、動画の中でプレイしているリックすべてのtabを
PDFで無料ダウンロードできるところと、任意のスピードで(bpm108とbpm90の
二種類が用意されています)バッキングトラックを再生できるところ、
登場する25種類のリックを個別にノーマルテンポ、スローテンポの2種類ずつ確認
できるところ、そして、動画プレイヤー内にメトロノームが内臓されていて、任意の
スピードでトレーニングができるところです!

こんな教則サイト今まであったでしょうか?

何冊もでている同じような内容の下手な教則本を買うよりも、よっぽど実践的な
勉強になるとは思いませんか?

というよりも、ここまで現代ジャズのスタイルに肉薄したフレーズを紹介している
教則本に私は出会ったことがありません。

少々乱暴な言い方かも知れませんが、理論的なことはさておいて、
このサイトで紹介されているリックをそのまま覚えて、コードに対応させて
弾くだけでも、かなりアドリブのボキャブラリーが増えるのではないでしょうか?

音使いもかなり変態的なモノが多いので、変態フュージョンスタイルを習得
したい!という方にはまさにうってつけだといえるでしょう。

私は、特に動画冒頭でプレイされているスコット・ヘンダーソンスタイルと
グレッグ・ハウスタイルとフランク・ギャンバレスタイルのプレイが参考に
なりました!!

早速パクらせて頂いております(笑)

あと、気になるリックを一通りコピーしてみて思ったのが、
一見すごく変態で複雑怪奇な音使いだと思っていたのが、意外とペンタ中心に
構成されているフレーズであったり、アウト系のフレーズだと思っていたのが、
意外と普通のアルペジオだったりスケールにインしているフレーズであったり、、

リズムの取り方とフレーズの作り方(もしくは指板の見方)によって、
ここまでシャレオツなフレーズが生み出せるのだなぁ、、というのが
このサイトで一番学べた事なのかもしれません。

 

この動画でプレイしているstephane licarelliというギタリストについて少し
気になったので、google検索をしてみると、この25 jazz fusion lick以外にも、
様々なジャズ・フュージョン系のギターリックを紹介しているらしく、
インターネットを通じて有料で動画と譜面とオケを販売していたり、skype
通じてオンラインレッスンなどもやっているそうなのです。

私個人的には、他の25licksシリーズでは
『25 diminished licks』というのと
『25 mike stern lick』というものが特に気になりました。

デモンストレーション動画を拝見したのですが、ディミニッシュリックの方は
かなり変態アルペジオの応酬!といったところです。

イングヴェイスタイルのネオクラシカルディミニッシュアルペジオしか知らない
そこのあなた!今すぐにデモンストレーション動画と無料tabだけでも見るべきです(笑)