読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガンテのメタル三昧

私メガンテがメタルについて語ります。新譜紹介やライブレポートの他、blackmetalとdjentを中心にオススメ盤の紹介なども行います

暗黒系アイドルNECRONOMIDOL(ネクロノマイドル)のアルバムが凄い!!ライブはどこでやってるの?

■はじめに

NECRONOMIDOLというアイドルグループをご存じだろうか?

 

NECRONOMIDOLは東京を中心に活躍するアイドルグループだが、

その活動コンセプトが面白い。

 

自身を「暗黒系アイドル」と称し、
ブラックメタルへヴィメタルを中心とした

音楽性で「異世界感」満載の世界観を作り上げているのだ。

 

グループ名も、詳しい方はご存知かも知れないが、
このNECRONOMIDOLという名前は、
魔導書ネクロノミコンから取られている。

 

魔導書ネクロノミコンとは、
H.P.ラブクラフトが書いた「クトゥルー神話」に
登場する最重要アイテムとして扱われている架空の書物の名前だ。

 

元々、ラブクラフト著のクトゥルー神話体系にのみ登場する「魔導書」だった

のだが、現代のダークファンタジー愛好家の間では、「魔導書」といえば

このネクロノミコンを連想させるくらいポピュラーなものになっている。

 

様々なる魔道の奥義が記され、書物そのものにも魔力が宿るとされている

このネクロノミコンのモチーフは、ラブクラフト以降の怪奇小説やファンタジー作品にも広く認知され、使用された。

 

そしてこの魔導書の名を冠したアイドルグループがNECRONOMIDOLなのである。

 

ダークでおどろおどろしいイメージでブラックメタルに由来する楽曲を歌う姿が

一部のファンの間で話題になっているのだ。

 

■NECRONOMIDOLの音楽性とは? 北欧に由来するブラックメタルってどんなの?

NECRONOMIDOLの音楽性やメンバーのイメージやコンセプトの基礎になっている
ブラックメタルとはどのようなジャンルだろうか。


www.youtube.com

 

 

それを紹介するために最適の動画が見つかったので、是非とも参考にしてほしい。

簡単に、このブラックメタルと言う音楽ジャンルの特徴について述べておくと、
まず、バンドイメージや歌詞の世界の暗黒さが特筆されるべきだろう。

まさに「悪魔的」なイメージだと言っても過言ではない。
キリスト教的なイデオロギーを掲げているものも決して少ないくらいである。

特に北欧でのブラックメタルの黎明期とも言われる1990年代のバンドの
イメージはNECRONOMIDOLのイメージに近いのではないだろうか?

 

 

これはその時代の北欧ブラックメタルの開祖ともいえるバンドの
一つBURZUMというバンドの楽曲である。

このBURZUMに代表される、古くから受け継がれるブラックメタルの特徴として、
金切声に近い高音に近いデスボイスと、怪しい雰囲気の楽曲に
ブラストビートと呼ばれる高速で頭打ちを鳴らすドラムパターン、
というものがあり、NECRONOMIDOLの楽曲にもそれは含まれている。

 

こちらはNECRONOMIDOLの楽曲の中でも、前述したブラックメタル的要素が
色濃い一曲であるが、ホラーなイメージのあるNECRONOMIDOLに更に

アンダーグラウンドな印象を与えることに成功しているように思う。

 

それでは、次にその暗黒系アイドルNECRONOMIDOLのメンバーについて

紹介させて頂きたいと思う。

 

■暗黒系アイドルNECRONOMIDOLのメンバーを紹介

暗黒系アイドルNECRONOMIDOLは

 柿崎李咲・嵯里・九十九ほたる・久坂華恋・夜露ひな

の5人のメンバーで構成されている。

それでは、公式に発表されている情報やネット上での情報を元に、
それぞれのメンバーのプロフィールについて簡単に紹介させて頂こう。

 

柿崎李咲

メンバーカラー:躑躅
生年月日:10/25
血液型:A型
趣味:物件の間取りをみる、チェキの落書き
特技:フリスビーを上手に扱う

NECRONOMIDOLのリーダー的存在の柿崎李咲。
公式HPに掲載されている刀を掲げた写真が狂気を思わせる。

嵯里

メンバーカラー: 透明
生年月日: 1/15
血液型: B型
趣味: 過剰装飾
特技: 陶芸・日本画

ブラックメタルコープスペイント宜しく、白塗りのメイクが
トレードマークになっている嵯里。NECRONOMIDOLのゴシックでホラーなイメージ
の代表ともいえるメンバーの一人であるといえるだろう。
「透明」であるというメンバーカラーも彼女が持つと意味ありげに感じる。

九十九ほたる

メンバーカラー: 若紫色
生年月日: 12/28
血液型: A型
趣味: ガロ系の漫画集め
特技: xxx

嵯里と同じく白塗りメイクを施す九十九ほたる。
メイクの種類は嵯里と比べてナチュラルな部類だが、
それでもサブカルで妖しげなプロフィールも相まってホラーな雰囲気に一役買っている。

久坂華恋 

メンバーカラー:夢色
生年月日:11/11
血液型: A型
趣味:歌うこと、カメラ、ピアノ
特技:食べること

公式サイトに掲載されているプロフィール写真とプロフィール項目を参照してみると、
ここにきて、ようやくアイドルグループのメンバーらしい人に出会えたような気がする。
それぞれに設定されているメンバーカラーも、今まで紹介してきた3人のように禍々しい色
ではなく、夢色、というのも面白い。趣味や特技も一般的なアイドルのそれに近い。
ライブでのキャラクターがこれに反して狂気じみたキャラクターでない事を願いたい。

夜露ひな

メンバーカラー:血
生年月日: 6/7
血液型: A型
趣味:ねこ

さて。先ほどのアイドル然とした久坂を紹介した矢先にこれである。
常人には理解不能の正しく狂人のプロフィールとはこうあるべきなのだろう。
メンバーカラーが血、趣味がねこ、こういった特徴をプロフィールとして挙げる
人間を狂気と評さずしてなんと評すべきであるというのか。

■NECRONOMIDOLのアルバムを紹介!ライブ情報も調べてみた

 

現在、NECRONOMIDOLは、1stフルアルバム『NEMESIS』と、2016年の6月にリリースされた最新EP『from chaos born』を含めて合計6枚の音源をリリースしています。

初期にリリースされた1st,2ndシングル以外は公式サイトにて各音源の中から
3曲ずつ視聴可能です。暗黒系の名には偽りはなく、各音源にどこか退廃的で
耽美な雰囲気を持った楽曲が散りばめられているあたりが彼女たちの作品らしいです。

特に、最新EPに収録されている『phychopomp』という楽曲はまさにオールドスタイルのブラックメタルの代名詞とも言われるべきサウンド、アレンジの目白押しで、その邪悪な雰囲気のある楽曲に彼女たちの哀愁を帯びた歌が重なると、もうたまりません。

 

さて、ここではNECRONOMIDOLの1stアルバムの楽曲を1曲ずつ紹介していきたいと
思います。本当なら1stシングルから順に紹介していきたいところではありますが、
1stシングルから全部紹介していたらキリがないのと、NECRONOMIDOLの魅力は
1stアルバム『NEMESIS』に集約されていると言っても過言ではない、という理由から今回は彼女たちの1stアルバム『NEMESIS』に収録されている楽曲の紹介をさせていただきたいと思います。

彼女たちの楽曲に関して、まず私が勘違いしていた事が一つあります。
それはズバリ楽曲のジャンルに関する事なのです。

『暗黒系』だの『ブラックメタル』だののコンセプトを掲げているので、てっきり
北欧のブラックメタル勢のような楽曲ばかりなのだろう、と。
こう思っていたわけです。

しかし、それはいい意味で期待を裏切られました。
youtubeに上がっている彼女たちのPVや今から紹介する1stアルバムを聴くと、
なんともまぁアイドルらしい曲が多い事か。

ちなみにこちらがアルバムのトラックリスニングになります。

01. あたいの爪痕
02. VULTURE
03. SKULLS IN THE STARS
04. ASTODAN
05. KHOLAT SYAKHL
06. AZATHOTH
07. NAYENEZGANI
08. LAMINA MALEDICTUM
09. 暗黒少女戦隊
10. ICHOR
11. puella tenebrarum
12. SARNATH
13. 童歌
14. ’Umr at-Tawil

もはやメタルに非ず、「ハードロックじゃん!!?」という曲調のモノもあれば、
ロックテイストから離脱した、音源系のサウンドが主体のアレンジが施された楽曲
(今でいうEDM系の楽曲も)も当然のように収録されており、ますますこのNECRIONOMIDOLというユニットのふり幅の広さを思い知らされました。

シングルに収録されていた楽曲も数多く収録されており、まさにこれ一枚で
NECRONOMIDOLの魅力がわかる、という仕様になっております。 
3rdシングルに収録されていた『暗黒少女戦隊』や『skull in the stars』がアルバムの
世界観を彩る素晴らしいアクセントになっていて、私はかなり好きです!

一つだけ確実に言えることがあるとするならば、このアルバムには様々なジャンルの
楽曲が『暗黒系』のコンセプトの元に収録されており、これまでのアイドルの楽曲としてはありえなかった作風になっている、と言っても過言ではありません。

私は、このアルバムがアイドル界に一石を投じる作品になってくれることを心の底から
願っております。

 

次の項目では、そんなNECRONOMIDOLの魅力を直に感じられるライブ情報などを
まとめてみたいと思います。

 

■NECRONOMIDOLのライブはどこでやってるの?

では、早速NECRONOMIDOLのライブ情報を調べてみましょう。

これを書いております2016年の9月時点の情報を紹介します。

 

NECRONOMIDOL LIVE SCHEDULE 

【8月】

8月 27日 アイドル甲子園

8月 30日 タイ帰国イベ

【9月】

9月6日 3マン

9月7日 両国サンライズ

9月10日さゆなし生誕

9月11日passcode主催

9月14日, 24日 名古屋

9月25大阪2現場

9月 30日仙台

【10月】

10月2日 恐山オフ会

10月9日 池袋手刀

10月23日, 30日 高円寺

【11月】

11月2日 主催

11月4日 百眼レコ発

 

現在、公式に発表されているライブ情報としてはこんな感じです。
11月までの日程で、かなり多くのライブが決まっているみたいですね。

個人的には、定期アイドルイベントとして行われているアイドル甲子園での
ステージを見逃してしまったのが惜しむらくところです。

そして、9月の11日には、あのpasscodeが主催するイベントにも出演するのだとか。
メタルコア系のサウンドとデスボイスを持ち味にするpasscodeと暗黒系のNECRONOIDOLの邂逅は必ずや歴史に残るはずです!

やはり、東京中心にライブは行われてはいますが、このライブ情報を見る限り、
名古屋、大阪、仙台、と結構幅広い活動をされていることがわかります。

 

■最後に

今回は『暗黒系アイドル』を自身で標榜する東京で活躍する5人組アイドルNECRONOMIDOLの紹介記事を執筆させていただきましたが、
いかがだったでしょうか?

このブログで紹介する限り、なんらかのメタル色のある作品を予想されていた
方もいらっしゃるかと思いますが、まさにその通りです。

ブラックメタル、というメタルの中でも「陰」の部分をフィーチャーした
スタイルを主軸に、NWOBHMプログレ、ハードロックやEDMなど何でもありの
スタイルを貫くNECRONOMIDOLの楽曲はメタルファンの皆さまを充分に楽しませて
くれるでしょう!

BABYMETALブームで、メタルとアイドルが結びつき始めた昨今、世間ではどうも
「陽」のイメージのあるメタルばかりが『へヴィメタルの顔』的な役割を果たしている
ような気がしないでもありません。

正統派メタルやラウドだけど、どこかポップな感じのするメタルが市民権を得ていく中で、ブラックメタルという比較的マイナーなジャンルに焦点を当てたNECRONOMIDOLの音楽性やパフォーマンスが、メタルの「陰」の部分を象徴する現代サブカルチャー文化の 代表格として台頭することを私は切実に願います。

 

以上、暗黒系アイドルNECRONOMIDOLの紹介記事でした。
ご拝読頂き、誠にありがとうございます。